人気検証雑誌『LDK』の上位アイテム
オリシキ

アラフォーの私が10代の頃は

「二重を作る」

というのはあまり一般的ではありませんでした。

 

アイプチも『こっそり』やるものでした。

 

でも、今や若い子の間では常識!

そして、アラフォーやアラフィフ、もっとお姉さま方にも

実は活用できるのが二重コスメなんですね~。

 

今日は実際に二重コスメを使った写真なんかも紹介していこうと思います。

ぜひ、ご参考になさってください!

 

ルドゥーブル(Ledouble)二重まぶた形成化粧品が人気!

色んな二重メイクコスメが出ていますが、その中でも個人的に人気が高いな~と感じているのがルドゥーブルです。

エルビュー2019年上半期のベストにも選ばれていました。

関連記事【LDKtheBeauty2019年上半期ベスト】コスメ・スキンケア全部をまとめ

ルドゥーブルで自然な二重を作ることができます

私が使っていたのがこのルドゥーブル。

瞼に人工皮膜を作って二重にする!という優れものです。

皮膚同士をくっつけるわけではないので、自然な二重が作れると言われています。

 

まあたそさんもご愛用のルドゥーブル

大人気YouTuberのまあたそさんもこのルドゥーブルに出会ったことでメイクが随分変わった!とおっしゃっていました。

 

まあたそさんの動画、すごい面白い♪

元気ないな~っていう時に見ると、ちょっと元気もらえます(笑)

 

私の二重コスメ「ルドゥーブル」体験談

実際にアラフォーの管理人がルドゥーブルを使ってみた体験談をお話していきます。

まぶたのたるみが気になり始めた同世代の女性にもおすすめのアイテムです。

アラフォーがルドゥーブルを使った理由

私は元々奥二重です。

しかも、生まれながらにあった線ではなくアイプチや両面テープやセロテープなどを繰り返すことで、なんとかついた奥二重のラインでした。

 

その貴重~なラインが年齢と共にぼやけてきたんですね。

やっぱり肌のハリも弱くなりますしね・・・。

 

それを改善したくてルドゥーブルを使いました。

 

実際にルドゥーブルを使った写真を・・・

お見苦しい写真なので、お花で加工を・・・

独特ですみません 笑

ルドゥーブル

この時はわかりやすいように普段より幅広に二重を作りました。

 

伏し目がちはこんな感じ

ルドゥーブル

下の写真はうす~くラインが入っているのが伝わりますか?

それがルドゥーブルで作った二重の部分です。

というより、元の奥二重のラインを強調させた、という感じです。

 

1日ルドゥーブルを使った後のまぶた

ルドゥーブル

若干、ヨレが気になりませんか?

時間が経つと私の場合、どうしてもこんな感じになってしまいました。

 

二重コスメ「ルドゥーブル」を使った感想

「使ってみたいな~」と思っている方もいらっしゃると思うので、実際に使ってみた感想を正直にお話していきたいと思います。

悪いところも包み隠さずお伝えしますね。

ルドゥーブルを使った個人的な感想

  • 二重が強調されて目が印象的になる
  • 目が開けやすくなる
  • どうしても「塗っている感」が出る
  • 多少のテカリは出てしまう
  • ふいに誰かと接近した時に「バレてしまう?!」と気が気がでない

 

絶対!バレたくないなら難しい・・かも。

あくまで私の場合なのですが

「ど~してもテカりや塗っている感は出てしまう」

というのが正直な感想でした。

実際、指摘されたことは無かったんですけどね。

 

でも、それを上回るほどの「素晴らしい二重感」は確かにあるんですよね。

『憧れのはっきり二重が簡単に手に入る』

というのはやはり魅力的な商品だな、と今も思います。

 

なんだかんだ言って
『二重』って永遠の憧れだったりするんです

 

皮膜タイプ二重コスメを自然に使うコツ!

それでもどうしても目元が決まらない時なんかはやっぱり使いたいのが二重メイクコスメ。

多少テカりが気になったとしても、便利なアイテムには変わりありません。

上手に二重メイクコスメを使うコツについてみていきましょう。

美ST 2018年8月号で二重コスメ発見!


美ST 2018年8月号

竹内結子さんが表紙の美ST 2018年8月号。

だから・・・竹内結子さん、綺麗すぎだって~(;´∀`)

 

すうれろちゃんも愛用の折式(オリシキ)

美ST 2018年8月号の中で人気YouTuberのすうれろさんも愛用の折式(オリシキ)が登場。

 

雑誌の中で皮膜タイプの二重コスメを上手に使うコツが紹介されていましたので簡単にまとめていきますね。

 

皮膜タイプ二重コスメをバレずに使うコツ!

できるだけ自然に皮膜タイプの二重コスメを使うためのテクニックを順番に見ていきましょう。

これで、あなたも自然な“二重”が手に入る!かも。

この流れで二重を作ってみましょう

  1. まつ毛の少し上から二重ラインまでしっかり塗る※目尻のたるみが強い人は黒目の外側あたりをやや幅広に塗る
  2. 液が乾いたら2度塗り。しっかり乾いたら付属のスティックでクセをつける
  3. 液を塗って乾いた部分に油分のあるクリームタイプのシャドウを塗ってぼかす
  4. ベースのクリームシャドウを塗った上からアイメークを仕上げる。上からパウダータイプを使ってもOK

 

ポイントを確認

ベースに塗るクリームタイプをパールタイプのものにするとテカりが出て皮膜感が出てしまうので注意です。

自然で肌に馴染む色を選ぶと良いそうです。

 

雑誌の中では、二重コスメを塗った後にアイシャドウを仕上げていますが

前述のすうれろさんは、アイメークを仕上げた後に二重コスメを使っています。

 

それぞれのまぶたの状態や使うアイシャドウと二重コスメの相性などの状況で全然変わってくると思うので『自分なりの自然な二重コスメの使い方』を独自に研究して見つけていくといいかもしれませんね。

 

美ST2018年8月号で紹介された二重コスメ

雑誌で紹介されていた皮膜タイプの二重コスメを全部まとめておきますね。

ルドゥーブルが合わなかったとしても、他のアイテムであれば合うかもしれませんよ。

オリシキアイリッドスキンフィルム

 

アイリッドボーテEX

 

メジカライナーナイト&ハード

色々試して自分に合うコスメを見つけましょう

 

皮膜タイプの二重コスメまとめ

私の永遠の憧れ『二重まぶた』を簡単に作るアイテム

皮膜タイプの二重コスメを自然に使うコツでした!

 

私の場合、若い頃にアイプチやらセロテープやらで瞼に随分負担をかけました。

そのせいで瞼のたるみが早めに出てきたのかも。

 

できるだけ皮膚に負担をかけることのないように

可愛く、綺麗になれるといいですよね^^

 

最後までありがとうございます♪

スポンサーリンク
おすすめの記事